ビットコインの説明と利用するメリット、ビットクラブについて

【ビットコインの概要とこれからの流通】

普段生活していて多くの人が聞く事があまりないビットコインですが、ビットコインとは、仮想通貨の事です。ビットコインは、お金で円やドルというように、通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTCと表記されて1円や1ドルのように、1ビットコインと、数えることができます。仮想という事で、多くの人には理解が出来ないモノと言えます。なぜならば手にとって目に見える姿形が存在しないからです。ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨という事になります。

【ビットコインは具体的にどんなもの?】

ビットコインは具体的にどんなもの?

ビットコインは、世界中で日常生活に使用できるようにすることを目指して作られていて仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しない代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるように作られています。現在では知らない人も多く、イマイチ意味が分からない通貨だと思いますが、これからの発展の中で、円やドル以上に利便性が高く、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨と言えます。これからビットコインである仮想通貨が普及し日常化するかもしれないので、ビットコインについて理解を深める事が肝要です。

理解を深めるにあたって、ビットクラブのような組織に所属するのもよいかもしれません。ビットクラブはビットコインの投資を主に扱う組織で、優れたマイニングプールとして知られています。

【ビットコインを使用するメリット】

仮想通貨であるビットコインを使用するメリットはいくつかあります。一つは、一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことが出来るメリットがあります。支払する時には手数料必要になりますが、ビットコインを利用すれば仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴と言えます。銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料が存在しますが、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。

ビットコインは、その最大のメリットとも言える直接送金の仕組みから手数料を考える心配がなくなります。さらにビットコインで決済する事で、銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しないのもメリットで、お金の流通が自由に行えるようになります。日々の生活の中でビットコインを利用すれば手数料という概念が無くなる事はとても大きなメリットと言えます。

ビットクラブネットワーク|日本No.1のBitClubチーム【公式】

【ビットコインは信用できないイメージがある?】

ビットコインは信用できないイメージがある?

ビットコインは信用できない、と考える人も少なからず存在します。
特に日本人はそういった人が多いです。

その理由は、マウントゴックスという会社の起こしたビットコイン消失事件が大きく報道されたことにあります。
マウントゴックスは日本最大のビットコインの取引所であり、多くの日本人が利用していました。しかしある日、マウントゴックスは日本円に換算して100億円以上のビットコインが消失したと発表しました。

この事件のインパクトが大きいため、日本人はビットコインにネガティブなイメージを持っていることが多いです。しかしこのマウントゴックス事件はビットコインの問題ではなく、マウントゴックス社のセキュリティの甘さが問題だったそうで、その証拠にビットコインの価値は今も上がり続けています。

【日本でも普及がすすむビットコイン】

マウントゴックス事件からしばらくは信用が低下していたビットコインですが、今は日本国内でも普及が進んでいます。

その一歩として、ビックカメラでビットコイン決済ができるようになったことが挙げられます。
ビックカメラといえば誰もが知っている大手家電量販店ですよね。
家電通販店は生活に密接に繋がりのあるお店なので、そういったところでビットコインが使えるのは大きな第一歩といえるのではないでしょうか。

オンラインでは、オンラインゲームや動画配信で有名なDMM.comがビットコイン決済の取扱を始めています。

他には、地上波でビットコインの取引所「ビットフライヤー」のCMが流れるようになりました。
ビットコインや取引所の知名度アップに繋がりますし、またビットフライヤーがそれだけ資金を得ている=経営が好調ということでもあります。

【海外でのビットコイン】

日本では主に投機対象として見られているビットコインですが、海外では通貨として使われる場面も多くなっています。

たとえばアメリカでは、大手ネット通販Amazon、ホテルや航空券のオンライン予約サイトExpediaなどでビットコイン決済ができるほか、
日本でも有名なスターバックスでは店舗でのビットコイン決済が可能であるなど、日本より実用面でかなり進んでいるといえるでしょう。

【ビットコインを売買する取引所について】

取引所での売買は、ビットコインを始めとする仮想通貨を売買する方法としてもっとも一般的なものです。ですので、自分に合った取引所を見つけることが仮想通貨取引の最初の第一歩となるでしょう。

取引所を選ぶ際に重要なポイントはさまざまですが、特に「セキュリティ」「手数料」はかならずチェックしておきたいポイントです。取引所はその性質上ハッキングの対象となりやすく、過去実際に流出してしまったケースもあります。手数料は取引所によって意外に差があります。中にはマイナス手数料など変わったサービスもあります。

さらに、ビットコイン以外にも興味があるのなら、取り扱い仮想通貨も確認しておきましょう。